初心者から楽しめるガーデニング

苗から植物や野菜を育てる時間|ガーデニングを日常へ

シーズンごとに適した種

種を植える人

花屋で咲き誇る花達は、どれも種から育てられたものです。そんなことは周知の事実ですが、その育てる段階から花の成長を見守ってみませんか。シーズンごとに適した種は通販ショップでも販売されていて、基本的なことを守れば誰にでも育てられます。

便利なお買いもの

園芸

ガーデニング用品を買うにあたり、これからは必ずしもホームセンターに行くことはありません。それは通販ショップがあるからです。ホームセンターには負けないほどの品揃えには感動するばかりです。

大切な苗を守る

苗

ガーデニングはたった一つのコツと思いやりを知るだけで、ガーデニング成功の道を半分進んだようなものです。
植物も人と一緒で、周りの気候に左右される生き物です。寒さに弱い植物もあれば暑さに弱い植物もいるので、必ずその特性を知り、その植物に最適な環境を作り出してあげましょう。それが先に挙げたコツです。
どんな植物にも思いやりを持てば、すくすく育つ段階まで運べるでしょう。苗木から育てた時には、寒さに弱い植物ならば凍害を受けないようしっかり守ってあげることです。特に、毎年豪雪に見舞われる地域の場合、凍結防止の苗木ガードは必須になるでしょう。苗木ガードは降り注ぐ雪から苗木を守り、枯れて散ってしまうことを防いでくれます。
凍害を受けた苗木の特徴として、主幹部の表面に白くぽつぽつとした斑点が現れるので見た目にもすぐ気づくでしょう。

苗木ガードによって寒さから守ることは必須になりますが、日中との気温差が激しいことも凍害を招く要因になるので、冬は植物に最適な環境作りが困難となります。しかし、苗木ガードの他に白塗剤の塗布、水はけの改良などさまざまな対策によって守ることは可能です。
豪雪地帯でも育てられる果樹にはりんごを始めに、洋ナシ、ぶどう、すもも、さくらんぼなどがあり、毎年雪のシーズンが来たら苗木ガードの設置から始めましょう。雪が降らなくなるとたちまちすくすく育つようになります。苗木ガードは通販ショップにて300~500円程度で購入できるので、必要本数だけ備えておくと便利です。

自分の好きなようにデザイン

園芸用品

ガーデニングを始めるときは、園芸用品を揃えることがその第一歩になります。続けていく為にも、園芸用品を選ぶときは自分の好きなものを選び、作業をするときにも楽しい気持ちを持つことが大切です。