シーズンごとに適した種|苗から植物や野菜を育てる時間|ガーデニングを日常へ
園芸

苗から植物や野菜を育てる時間|ガーデニングを日常へ

  1. Home
  2. シーズンごとに適した種

シーズンごとに適した種

種を植える人

お店で売られている花や野菜を自宅で育てると、その分の楽しみが増える上に費用としては安くなります。その分の時間を要することにはなりますが、趣味の一環として充実します。そのどちらも種から育てられるので、身近にあるスーパーで手に入れることから始めましょう。花のある暮らしに憧れるなら、初心者にも育てやすく枯れにくいとされるガーベラが推奨されています。ガーベラの生命力は高く、お店で販売されている幾多の花の中でも長く咲き誇ることで知られているでしょう。
ガーベラが咲くシーズンは1年に2回やってきます。それは春と秋です。その見た目は華やかで、花の中でもサイズは大きい方に分類されるでしょう。カラーにはピンクやオレンジなど明るい暖色系が多く、自宅にあるだけで一気に華やかになります。
種まきをするときは開花シーズンにマッチするよう4~5月あたりの春を選ぶことです。ガーベラは寒いのが苦手なので、春でも気温が低い地域では風当たりのいい室内に置いてあげましょう。種に水をたくさんあげすぎると枯れやすくなるので、土が湿っているようなら毎日水やりする必要はありません。その程度のお手入れを欠かさず行なうと、開花シーズンには美しい姿を見せます。その手軽さ故に、ガーデニングの第一歩として種からガーベラを育てる人も少なくないでしょう。黄色のガーベラの花言葉は「親しみやすい」で、まさにその言葉通り、これまで難しいかもと思っていた花のお世話は案外身近で簡単なものかもしれません。